創業時にもらえる補助金はありませんか?

年度より、また国や地方自治体により異なりますが、いくらかの補助が認められるケースもあります。 お住まいの地域や時期によって、利用できる制度が異なりますので、まずは創業マネージャーにご相談ください。 ... 続きを読む

会社設立による起業時に気をつけたい目的の設定

会社設立時には、定款や登記に目的が必要です。つまり、どういう事業をやるかということです。 目的の変更登記は、さほどたいへんではありませんので、事業目的はピンポイントに絞ることが創業直後は有効に作用します。 ... 続きを読む

創業時にはどんな届出手続きが必要ですか?

■税金関係 提出先 提出するもの 提出期限 税務署 法人設立届出書 会社設立日から2ヶ月以内 給与支払事務所等の開設届出書 給与支払を開始した日から1ヶ月以内 青色申告の承認申請書 会社設立日から3ヶ月以内 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書(従業員が10人未満の会社) ... 続きを読む

創業計画の立て方を教えてください。

創業計画の立案については、創業マネージャーがいつでもお手伝いさせていただきますので、お気軽にお尋ねください。 また、ふくい産業支援センターでは、創業の心構えやプランの作り方、資金面の計画の立て方などをアドバイザーと一緒に考え、実際に創業計画書をつくってみるワークショップセミナー「3時間でつくる!! ... 続きを読む

税務申告の仕方を教えてください。

【個人の場合】 所得税の確定申告が必要です。 平成28年(2016年)の2月16日~3月16日が申告期限 【法人の場合】 法人税の申告期限は、原則として決算日後から2ヶ月後になります。 例えば、3月31日が決算日の場合は、法人税等の申告期限は5月31日です。 9月30日が決算日の場合、法人税等の申告... 続きを読む

従業員を雇用する場合の手続きを教えてください。

採用する際の確認事業 1.社員の入社年月日(実際に報酬が発生する日) 2.社員の氏名(フリガナ)、住所(郵便番号、フリガナ)、性別、生年月日 3.雇用形態(正社員、パートタイム労働者、契約社員、役員など) 4.給与形態(月給、時給等)と金額 5.被扶養者の有無と氏名(フリガナ)、続柄、性別、生年月日... 続きを読む

その他加入を検討したほうが良い制度はありますか?

小規模企業共済 個人事業主や小規模企業の節税に最適な共済制度で、この制度では掛金を払い込んだ分だけ節税することができ、払い込んだ掛金は事業を廃業されたときなどに退職金として受け取ることができます。まさに、個人事業主や共同経営者、小規模企業の役員の方のための退職金共済制度といえます。 中小企業退職金共... 続きを読む