会社設立による起業時に気をつけたい目的の設定

会社設立時には、定款や登記に目的が必要です。つまり、どういう事業をやるかということです。
目的の変更登記は、さほどたいへんではありませんので、事業目的はピンポイントに絞ることが創業直後は有効に作用します。