要望を「なぜ?」と問い直してみる②

«

»


<第2回目
~避けて通れないIT利活用~
今の時代、IT利活用は企業成長のため、避けて通れません。そのため、中小企業の業務にもIT化が進み、今では基幹業務システムからExcelでの情報・データ管理まで、何らかのIT(情報システム)が導入され、使われるようになっています。しかし、これらのITを上手く使いこなし、企業の業績向上を支えている事例はそんなに多くないのです。では何故なのでしょう? 相談者の直接的な要望を聞くと、その原因がわかってきます。

~要望の四つの階層~
要望には四つの階層レベルがあります。最上位は経営レベルの要望。売上を上げたい。コストを削減して利益率を向上したい、などです。次の層は業務レベルの要望。業務の品質や生産性、スピードを改善したい、などです。3番目は仕組みレベルの要望。新しい業務を構成する業務フロー(プロセス)、業務ルール・制度、組織、人に関するもの。そして4番目はシステム(IT)レベルの要望です。IT基盤やIT、ITの機能、画面(インターフェース)をこうしたいという要望です。

次回<3回目>は、

~患者の医者への要望~

~IT利活用の成果を上げるためには~


«

»