<女性限定>ウェブライターから学ぶ「売上げアップの文章術」

«

»


開催日 2018年3月16日(金)13:30~16:30
開催地 福井県立図書館 
参加費 無料 

詳細説明

~最初から特別な人なんていない。スタートはみな同じ気持ちなんだ。~

 ふくい産業支援センターでは、福井県立図書館を会場に、魅力が伝わるセールスライティングの基礎を学ぶ講座を開催いたします。演習中心の内容で分かりやすくお伝えする、内容もりだくさんな3時間です。

ウェブライターから学ぶ「売上げアップの文章術」

*****************************************

日 時 2018年3月16日(金) 13:30~16:30
会 場 福井県立図書館(福井市下馬町51-11)
定 員 20名(応募者多数の場合は増員を検討)

はじめに

商品やサービスの魅力を、自分なりに書いてみたけどうまく伝わらない。
書くことが苦手で、時間ばかりがかかってしまう。
いったいどんな文章を書けば、魅力が伝わるんだろう・・。

そんな風に悩んだ経験はありませんか?

商品・サービスをより魅力的に伝える。それがライティングの技術です。
本講座では、魅力が伝わるライティングの基礎を、演習を通じてお伝えします。

参加者同士で交流しながら進めますので、他者目線も知ることができますし、新しい発見もたくさんあると思います。皆さまのご参加をお待ちしています!

講 師


ルナリバティ 代表
月野 るな 氏

2004 年に「ルナリバティ」を設立し、ライターとして独立。
※『月野るな オフィシャルサイト』
http://www.tsukino-luna.jp/

現在、「人生とビジネスを変える自分メディアの育て方」をはじめ、アメブロ図解本など6冊の著書、3冊のライターとして鉄道本を手掛ける。

商工会議所、協会などから依頼を受け講師としての登壇多数。

SNS 活用や、ライティングノウハウ、女性のマインドアップなどをテーマに講義を行う。

対象者

福井県内にお住まいの女性で、

  • ビジネス用のホームページやブログなどで販路拡大したい方
  • ビジネス用のホームページやブログなどに書く文章が上手くなりたい方

日時・場所

  • 日時 2018年3月16日(金)13:30~16:30(開場13:00)
  • 会場 福井県立図書館(福井市下馬町51-11)

参加料

  • 無料

定 員

  • 20名(必ず事前にご予約ください)
    ※応募多数につき45名に増員しました(2/19追記)

主 催

  • 公益財団法人ふくい産業支援センター
  • 福井県立図書館

Q&A ※随時追記します

Q 講座のレベルはどのくらいですか?
A 入門レベルです。「誰に何を売りたいか?」などが具体的に固まっていない方も気軽にご参加いただけます。

Q どんなことをするのですか?
A 講師が用意したひな形に合わせて書き込んでいただきながら、セールスライティングの基本形を学んでいただきます。

Q 個別に添削していただけますか?
A 今回の講座は初心者向けの無料講座ですので、個別の添削は行いません。(講座の流れの中で、事例紹介として、受講者の前で1~2名程度の添削を行う可能性はあります。)

Q 入門レベルでは物足りないのですが・・。
A ふくい産業支援センターでは、IT研修(有料)を随時開催しています。詳しくはこちらをご覧ください。http://www.fisc.jp/pckouza/

Q 子連れでも参加できますか?
A 大丈夫です。本講座は女性限定ですのでお気遣いなく。ただ、長時間(3時間)の講座ですので、お子さまとお母さま共にご無理がかからないようにだけ気を付けてください。

なお、会場の福井県立図書館から車で5~10分程度の、ユー・アイふくいという施設内に、生後6か月から小学校就学前のお子さまを預かってくれるチャイルドルームがございます(有料・2日前までに要予約)。もしよろしければ、そちらのご利用もご検討ください。

※チャイルドルームについてはこちらをご覧ください。
https://www.f-jhosei.or.jp/childroom/

申込み方法

おかげさまで満席となりました。ありがとうございました。

※2月22日追記
2018年3月15日(木)の夜に、サンドーム福井にて追加開催いたします。

▼追加開催についてはこちらをご覧ください▼
http://www.s-project.biz/seminar/2018-3-15

お問い合わせ先


公益財団法人ふくい産業支援センター
販路開拓支援部 創業・Eビジネス支援グループ(担当:岡田)
TEL 0776-67-7416 Email:ebiz-g@fisc.jp


«

»