第4回福井ベンチャーピッチ登壇者の”予選会”を開催いたしました

«


ふくい産業支援センターでは、2018年12月1日に、第4回福井ベンチャーピッチ登壇者の予選会を開催いたしました。登壇者選考会は、2019年1月19日(土)に開催予定です。

こんにちは。福井県の創業・ベンチャー支援を担当している、ふくい産業支援センターの岡田です。

第4回福井ベンチャーピッチ登壇者”予選会”を開催

ふくい産業支援センターでは、アドバイザーに以下の4名を迎え、
・藤田 豪 氏(株式会社MTG Ventures 代表)
・横井 康孝 氏(ユニフォームネクスト株式会社 代表)
・三谷 亮太 氏(トーマツ 金沢事務所)
・前田 英史 氏(福井キャピタル&コンサルティング  VC)
第4回福井ベンチャーピッチの予選会を開催いたしました。


 

予選会では、エントリー企業による5分間のプレゼンテーションの後、4名のアドバイザーから具体的なアドバイスをいただきました。そして、いただいたアドバイスをもとにプレゼンをブラッシュアップし、1月19日の登壇者選考会にのぞみます。
なお、登壇者選考会では、本番さながらに、10分間のプレゼンを行っていただきます。

 

第4回福井ベンチャーピッチ”予選会” アドバイザー紹介

 

藤田 豪(Go Fujita)氏
株式会社MTG Ventures 代表取締役社長
1974 年生まれ。明治大学卒業後、1997 年日本合同ファイナンス株式会社(現株式会社ジャフコ)入社。2007 年中部支社投資部長、2013 年中部支社長。東海、北陸地方発のスタートアップ他の成長支援を行い、複数の投資先の取締役に就任。日々経営者と奮闘している。
2018 年10月より現職に就任。

 
横井 康孝(Yasutaka Yokoi)氏
ユニフォームネクスト株式会社 代表取締役社長
1972 年福井県生まれ。大学卒業後、総合スーパー平和堂に勤務。
1997 年父親が立ち上げて3年目を迎えた、当時社員3名の現会社に入社。ネット通販事業に取り組み躍進を遂げる。
2007 年代表取締役社長に就任。2017 年東証マザーズ上場。
 
 
三谷 亮太(Ryota Mitani)氏
有限責任監査法人トーマツ 金沢事務所
1977年福井市生まれ。福井県立高志高等学校、早稲田大学政治経済学部、同大学院経済学研究科修了後、商社、会計事務所、医療品製造会社の勤務を経て、2014年3月より現職。製造・小売・鉄道業等の幅広い会計監査業務のほか、株式公開支援業務、課題調査等に従事。
 
 

前田 英史(Hidefumi Maeda)氏
株式会社福井キャピタル&コンサルティング コンサルタント
1973年生まれ。県内製造業で研究開発、知的財産、新規事業企画など担当した後、独立系のベンチャーキャピタルに転職。技術系のベンチャー企業の投資育成や事業再生を担当。
2017年2月より現職。MBA。工学修士。
 

第4回福井ベンチャーピッチの開催概要

 
第4回福井ベンチャーピッチは、2019年2月27日(水)に東京・霞が関で開催します。ぜひご参加ください。

◆日 時
2019年2月27日(水)14:00~17:30

◆会 場
SENQ霞が関(東京都千代田区霞が関一丁目4番1号 日土地ビル2F)

◆対 象
以下のいずれかに該当する方
・金融機関
・ベンチャーキャピタル関係者
・投資家
・企業経営者(個人事業主含む)
・新規事業立ち上げ責任者
・自治体・支援機関関係者
・その他、ベンチャー企業支援者

◆参加費
無 料(交流会に参加される場合は別途1,000円/1人)

◆定 員
80名

◆主 催
公益財団法人 ふくい産業支援センター

第4回福井ベンチャーピッチ聴講のお申込み方法

★申込みフォームからお申込みください

こちらからお申込みください。
https://goo.gl/forms/wdviprkNqYIqVyxi1

 

この後からは興味のある方だけ読んでください

第4回福井ベンチャーピッチ登壇者予選会を行うにあたり、個人的に感動した出来事があったのでご紹介したいと思います。個人的な思いになりますので、この後からは興味のある方だけ読んでください。

 
当センターが継続支援させていただいている創業者の中に、前職での経験を活かし、2016年にネット通販事業を26歳で創業した若者がいます。私が彼とはじめて出会ったのは、彼が創業する2か月ほど前でした。「もう仕事を辞めてきたんです!」と言いながら、がんばって書き上げてきた事業計画書を見せてくる彼の様子を見て、応援したい気持ち半分、「(事業を固める前に仕事を辞めてきちゃって)この子、大丈夫かなあ。」と最初はずいぶん心配しました。

事業の立ち上がり当初はいろいろと苦労していた様子でしたが、もち前の努力と精神力で乗り越えて、着実に売上げを伸ばしていき、創業して2年が経った今では、オリジナル商品をヒットさせるまでに成長していらっしゃいます。

そして彼は今、当センターのセミナー参加を通じて、そうそうたる現役経営者の方々と出会い、たくさんの応援を受けています。いただいたアドバイスをきちんと実行に移して着実に結果を出していく彼の姿勢には、私も頭が下がる思いです。

ただ私は彼に対して、ずっと気になっていることがありました。それは、言葉を選ばずに申し上げると、彼はどうしても小さくまとまろうとしがちなのです。彼にしかできない確かな技術があり、可能性のある商品やサービスを持っているのに、ビジネスに関して大きな画が描けない。これはとてももったいないことだとずっと思っていました。

先日、彼としっかり話し合えるタイミングがあり、「なぜこんなに周りから応援されているのか、もっと俯瞰してほしい。そしてそれを自信に変えて、大きな画を描いてほしい。今チャレンジしないでいつするの?」と彼にはっぱをかけました。

柄にもなく猛烈な勢いで伝えたので、彼はとても面喰った様子でしたし、なんだか後味の悪い感じでその場を終えたので、私はこれでよかったのかと実はずっと気にしていました。

しかしその彼が、第4回福井ベンチャーピッチにエントリーしてきました。締め切り1時間前でした。ずっと悩んでいた末に、とにかくまずはチャレンジしてみようと思ったのだそうです。

予選会では厳しいアドバイスをたくさんいただいていましたが、全てを吸収して前向きに取り組んでいる彼に、福井県の若手経営者の未来を感じました。「第4回が結果もしダメでも、第5回にチャレンジしようと思っています。」彼はそう言って、1月の選考会に向けて前向きに取り組んでいます。

福井ベンチャーピッチは、売上げの大きいベンチャー企業しか出られないと思っている方も中にはいるようですが、彼のような若手経営者がチャレンジする場としてもどんどん活用してもらいたいと思っています。そしていつか、福井ベンチャーピッチが、彼のような若手経営者の登竜門的存在になれたらうれしいなと思っています。

◆担当者プロフィール◆
大学卒業後、勤めていた職場を出産を機に退職。子どもが1歳の時、社会保険労務士試験にチャレンジし、合格。翌年、個人事務所を開業。経営と育児と家事を両立させながら、企業の顧問、労働局の総合労働相談員、人材育成コンサルタントなどに取り組む。2015年4月に(公財)ふくい産業支援センターに入社。県内の創業・ベンチャー支援業務を担当し、現在に至る。
2018年11月、近畿経済産業局が取りまとめる関西企業フロントラインにて、関西における「中小企業の頼りになる支援人材」として紹介された。(ふくい産業支援センター/岡田 留理)

■現在募集中の福井県の起業セミナー・起業家向け勉強会情報
http://www.s-project.biz/seminar
■福井県の起業・創業相談窓口
http://www.s-project.biz/consultation-business/founded-manager
■ふくい創業者育成プロジェクト事務局ブログ
http://www.s-project.biz/staff-blog
■注目記事
〇福井県におけるベンチャー支援
http://www.s-project.biz/staff-blog/fisc_vss
〇福井県における女性創業支援
http://www.s-project.biz/staff-blog/fukui-women1

■問合せ先

公益財団法人ふくい産業支援センター
創業・Eビジネス支援グループ 岡田
Tel:0776-67-7416
E-mail:ebiz-g@fisc.jp
HP:http://www.s-project.biz/


«