個人事業主や自営業者の老齢基礎年金。何歳からいくらもらえる?支払えない場合はどうしたらいい?

«

»


 国民年金でもらえる年金には、老後にもらえる「老齢年金」の他にも、死亡やケガ・病気などのリスクの備えになる 「障害年金」や「遺族年金」というものもあります。年金を納めるメリット、実はいろいろあるんですよ。
 こんにちは。福井県の起業家向け相談窓口や起業セミナーを企画・運営している「ふくい創業者育成プロジェクト」事務局の岡田です。

個人事業主や自営業の方の老齢基礎年金、何歳からいくらもらえるの?

 個人事業主や自営業の方の老齢基礎年金。今の制度では、原則65歳以上で老齢基礎年金を受給することができます。金額は、年間779,300円(平成29年4月分から平成30年3月分)。ただし、この金額は「満額」です。

 国民年金の老齢基礎年金は、20歳~60歳に達するまでの40年間(480月)、すべての期間にきちんと保険料を納めた場合に満額をもらうことができます。保険料を支払っていない期間があると、その分だけ年金受給額が減りますので、注意が必要です。

2017年8月から、受給資格期間が「10年間」に短縮されます

 その前に、もっと重要なことがあります。それは、老齢基礎年金の受給資格を得るために必要な期間「受給資格期間」というものです。
 今の制度では、原則として保険料納付期間が25年間(300ヵ月)ないと老齢基礎年金を受給できません。極端に言うと、年金保険料を299ヵ月分納めていても、受給資格期間の要件に1ヵ月でも満たなかったら老齢基礎年金は1円も支給されません。

 そんなとっても重要な受給資格期間ですが、実は近々「10年間に短縮」されることが決まっています。平成29年8月に法律が改正され、資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになるそうです。
 「今から保険料納めても、25年間にはならんし・・」とあきらめていた個人事業主や自営業の方、ぜひチェックしてみてくださいね。

※詳しくは、年金機構のホームページをご覧ください。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/tansyuku/20170201.html

所得の状況によっては、保険料の免除も

 国民年金の保険料は、1カ月につき16,490円(平成29年度)です。これは、所得に関係なく、一律の金額です。ただ、起業したての収入が少ない時期に、この保険料負担額は結構大きいですよね。

 こういう時は「国民年金保険料の免除制度」を利用してみるのも方法の1つです。1カ月16,490円の保険料全額が免除になる「全額免除」と、保険料の4分の1や2分の1、4分の3が免除になる「一部免除」などの四種類があります。

 受けられる免除は、所得に応じて決められます。ちなみに、全額免除は、前年所得が「(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円」の範囲内であることが条件ですので、扶養親族のいない単身世帯の場合は「57万円」ということになります。

※詳しくは、年金機構のホームページをご覧ください。
 http://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20150428.html

免除の申請は、お住まいの市町村の窓口で

 保険料免除や納付猶予になった期間は、年金の受給資格期間にも算入されます。年金額を計算するときは、保険料免除は保険料を納めた時に比べて2分の1(平成21年3月までの免除期間は3分の1)になりますが、未納とは全く状況が変わります。ここはとっても重要なポイントです。

 免除の申請はいつでもできます。ただし、自動的に免除してもらえるわけではなく、自分で申請しなければなりません。免除の申請はお住まいの市区町村の役所の窓口で行っていますので、未納期間をつくらないようにするためにも、是非ご利用ください。
 ちなみに、申請は各区市町村の国民年金窓口ですよ!年金事務所ではないのでご注意くださいね。

◆今日のつぶやき◆
 老齢基礎年金は、1カ月あたり6万5000円程度(※平成29年4月分から平成30年3月分の場合)ですが、この年金は、生きている限り支払われるものです。長生きをしても、その間は受け取れるというのはとても安心です。
 また、国民年金でもらえる年金には、老後にもらえる「老齢年金」の他にも、死亡やケガ・病気などのリスクの備えになる 「障害年金」や「遺族年金」というものもあります。年金を納めるメリット、実はいろいろあるんですよ。(岡田留理)

■現在募集中の福井県の起業セミナー・起業家向け勉強会情報
https://www.s-project.biz/seminar
■福井県の起業・創業相談窓口
https://www.s-project.biz/consultation-business/founded-manager
■ふくい創業者育成プロジェクト事務局ブログ
https://www.s-project.biz/staff-blog

■問合せ先

公益財団法人ふくい産業支援センター
創業・Eビジネス支援グループ 岡田
Tel:0776-67-7416
E-mail:ebiz-g@fisc.jp
HP:https://www.s-project.biz/


The following two tabs change content below.

支援センター編集者

最新記事 by 支援センター編集者 (全て見る)

«

»