「たった1円で、会社がつくれるって本当?」あとになって困らないために、起業時に必要な費用を把握しておこう!

«

»


 会社をつくるには、一体どれくらいのお金が必要なのでしょうか。もちろん、業種や規模によって違うので、具体的な金額を計算することは難しいのですが、次のような点に気をつけるといいと思います。

 こんにちは。福井県の起業家向け相談窓口や起業セミナーを企画・運営している「ふくい創業者育成プロジェクト」事務局の岡田です。

たった1円で、会社がつくれるって本当?

 資本金制度の改正によって、株式会社が1円でも設立できるようになりました。とは言え、会社設立に必要なお金は、何も資本金だけではありません。初期費用として、その他いろいろとお金がかかるものです。あとになって、「そんなにお金がかかるって知らなかったー💦」と困らないためにも、最低限必要な物をあらかじめリストアップして、起業時に必要な費用を把握しておく事が大切です。

 では、実際に会社をつくるには、一体どれくらいのお金が必要なのでしょうか。もちろん、業種や規模によって違いますから、具体的な金額を計算することは難しいのですが、次のような点に気をつけるといいと思います。

株式会社を登記するには約24万円かかります

 会社を設立するには、定款を作成し、それを公証人に認証してもらう費用(電子認証の場合には収入印紙代はかかりません)や、法務局に設立の届出をする際の登記費用などがかかります。さらに、これらの手続きを専門家に頼んだ場合、その手数料が安くても数万円はかかります。

 ちなみに、株式会社の設立申請にかかる費用は、約24万円(定款認証料が5万円+印紙代4万円※+登録免許税が15万円)です。※電子認証の場合は、4万円の印紙代が不要です。

会社を設立する場合には、場所が必要です

 起業時には、場所も必要になります。自宅で開業する場合を除けば、その賃貸費用も必要です。事務所を借りる場合は、毎月の家賃の他に、敷金・礼金、仲介手数料なども経費に見込まなければなりません。その他、事務所の備品が必要になりますね。机、イス、PC、電話などは、どんなビジネスにも必需品です。

 初期投資を抑えるという意味では、シェアオフィスやレンタルオフィスを利用して、コストを抑えるという方法も効果的です。福井県産業情報センターでは、そういった創業者のためのスタートアップオフィスもあります。いつでも見学できますので、お気軽にご連絡くださいね。

「月11,439円からのスタートアップオフィス」
福井県産業情報センターのホームページはこちら 
http://www.fukui-iic.or.jp/office/startuparea.html

そのほか、事業形態によって必要になるものがあります

 上記にあげたものの他にも、事業形態や事業内容によって、必要となってくるものがあります。たとえば、人を雇う場合には、人件費も想定しておく必要がありますよね。人件費は、賃貸費用と同じく半年分くらい準備しておくのが一般的です。

 そのほか、名刺や印鑑など、ビジネスに欠かせない細々したものにも気を配っておく必要がありますね。
 「予定外の出費で資金が尽きてしまった・・」なんてことにならないように、人件費や細々とした経費も、しっかり計算に入れておきましょう。

◆今日のつぶやき◆
 創業マネージャーによる創業相談には、「起業は決めているんだけど、いきなり会社を設立して起業した方がいいのか、まずは個人事業で起業した方がいいのか迷っています。」といったご相談で来られる方もいらっしゃいます。
 税金面ではどうか、信用面ではどうかなど、業種や業態、起業の規模によって答えは様々です。専門家の客観的な意見も参考になると思います。お気軽にご相談くださいね。
(岡田留理)

■現在募集中の福井県の起業セミナー・起業家向け勉強会情報
https://www.s-project.biz/seminar
■福井県の起業・創業相談窓口
https://www.s-project.biz/consultation-business/founded-manager
■ふくい創業者育成プロジェクト事務局ブログ
https://www.s-project.biz/staff-blog

■問合せ先

公益財団法人ふくい産業支援センター
創業・Eビジネス支援グループ 岡田
Tel:0776-67-7416
E-mail:ebiz-g@fisc.jp
HP:https://www.s-project.biz/


The following two tabs change content below.

支援センター編集者

最新記事 by 支援センター編集者 (全て見る)

«

»